Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アルニカエキスの成分の特徴・効果・効能・副作用とは?

アルニカエキスは山地の牧草地に生えるキク科植物のアルニカの花や根から得られるエキスのことです。

油溶性エキスは淡黄色から褐色の液体で、わずかに特異なにおいがあるのが特徴です。

アルニカエキスはハーブの一種なので、他のハーブエキスと一緒に使うと、相乗効果があると言われています。

アルニカエキスがよく使用される製品としては、

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • マッサージクリーム
  • 洗顔料
  • 美容液
  • 石けん
  • パック
  • シャンプー
  • リンス
  • 頭髪用化粧品

などがあります。

アルニカエキスの成分の特徴

プラセンタ効果副作用

アルニカエキスには、

  • カロチノイド
  • フラボン
  • タンニン
  • トリテルペノイド
  • サポニン

などの成分が含まれていますが、有効成分としてフラボノイドなど抗酸化物質が含まれているのが特徴です。

昔は薬として使われていたアルニカですが、今では、スキンケア用品やヘアケア用品などに配合されていることが多くなってきています。

アルニカエキスの効果・効能とは?

アルニカエキスには、

  • 消炎効果
  • 抗菌作用
  • 鎮静効果
  • 保湿
  • 血行促進
  • 抗酸化作用
  • 脱毛予防効果

があります。

また頭髪の育毛の刺激薬としても効果が期待されている成分です。

ニキビや肌荒れに関しては、炎症を抑え、血の巡りを良くすることで肌荒れを改善させる効果があります。

抗炎症や刺激緩和の成分として、アトピー性皮膚炎や敏感肌用の化粧品にも使われています。

アルニカエキスは匂い自体も心地よい香りなので、ボディークリームに使われることもあり、体全体の保湿を高めつつ、気分を和らげるリラックス効果もあります。

ヘアケアの効果としては、血行を良くし、皮膚の形成を促す作用があり、髪の毛のベースである頭皮に働きかける効果があります。

頭皮に適度な刺激を与えることで、抜け毛を予防して、炎症を抑制する効果があり、頭皮のニキビや、吹き出物といった肌荒れを抑えることができます。

アルニカエキスの副作用とは?

口から飲んでしまった場合、体の中で毒を発生することがあります。

ですから、小さなお子さんがいるお家では気をつけて下さいね。

皮膚の形成を促す効果はありますが、傷口には使用しないようにしましょう。

基本的には肌や身体には刺激性は少なく、副作用の心配は少ない成分と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回はアルニカエキスについてお伝えしてきましたが、ハーブの一種なのに、色々な効果や効能があり、驚いた方も多かったのではないでしょうか。

これを機会に、ご自分で使っているスキンケア商品やヘアケア製品の成分を確認してみるのもいいのではないでしょうか。

また、これから化粧品やシャンプー、トリートメントなどを買うときには成分を確認することで、新しい発見があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)