サクラ葉抽出液の成分の特徴・効果・効能・副作用とは?

サクラの樹皮は、昔から漢方に使われており、その効能は知られていました。

しかし、最近の研究では、サクラの花や葉にも素晴らしい有効成分が含まれていることが分かってきました。

「サクラ葉抽出液」と呼ばれるものは、サクラの葉から有効成分を抽出したサクラ葉エキスのことを指します。

調べていて真っ先に分かったことはあの人気沸騰中のホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」の成分にも配合されているということです。

サクラ葉抽出液の成分の特徴

サクラ葉抽出液効果副作用

  1. ソメイヨシノの葉から抽出された天然のエキス
  2. イソフラボンの一種であるプルネチン

どちらも肌や身体には刺激が少ないのが特徴といえます。

ポリグルタミン酸

肌の保護と言えばセラミドが有名ですが、ポリグルタミン酸は、セラミドとはまた違った働きをしてくれます。

ポリグルタミン酸は、アミノ酸の一種で、アミノ酸は肌に潤いを与えたり、様々な美容効果があります。

サクラ葉抽出液の効果・効能とは?

サクラ葉抽出液効果副作用

抗炎症・抗アレルギー作用

皮膚炎や、お肌のかゆみや炎症を抑えてくれる効果があります。

日焼け後のお肌にも効果を発揮してくれます。

トラブルを起こしやすい敏感肌の方にも有効な効果が期待できます。

保湿作用

サクラ葉抽出液に含まれる「プルネチン」という成分は、イソフラボン類の一種で、お肌を保湿しながら、バランスも整えてくれる効果が期待できます。

美白作用

メラニン生成の抑制作用があり、くすみや色素沈着対策、美白作用の効果が期待できます。

美白作用というとプラセンタが有名ですが、プラセンタの場合は、新しい肌を作っていくことで肌をきれいにして肌荒れを解消して美白をしてくれますが、サクラ葉エキスの場合は、プラセンタとは違い、メラニンの生成を抑えることで美白につながります。

つまり、シミやソバカスの「予防」をすることで、美白を叶えてくれる効果が期待できます。

サクラ葉抽出液の副作用とは?

サクラ葉抽出液効果副作用

サクラ葉抽出液は、サクラの葉から抽出されたエキスで、抗炎症作用や、美白・肌荒れ防止に効果があると言われています。

サクラ葉抽出液は、肌への刺激が少ない成分なので、副作用の心配はないと言えます。

まとめ

サクラ葉抽出液はソメイヨシノの葉から抽出された天然のエキスと、イソフラボンの一種であるプルネチン・ポリグルタミン酸などの成分を含んでいるので、副作用の心配もなく、敏感肌の方でも安心して使える美容成分がたっぷりと配合されています。

その上、ヘアケアに有効な成分が含まれているとして、ヘアケアの効果も期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です