シミ取り化粧品の効果的な使い方は?【おすすめシミ消し化粧品は?】

シミの原因の大半を占める紫外線。

紫外線の刺激によって作られるメラニン色素がシミの出来る原因となり、出来てしまったシミを更に濃くしてしまうのです。

とはいえ外に出る機械も多い夏、どうしても紫外線を浴びる時間が増えてしまいますよね。

そこで今回は、効果的にシミを消すための日焼けしてしまったお肌のお手入れ方法をステップごとにご紹介します。

シミ 消す 化粧品 写真1 sakura915 2016.8.4

日焼け直後のお肌は炎症状態!ほてったお肌をすぐにクールダウンしよう

shutterstock_469021397日焼けしたお肌の内部は、紫外線の刺激によって炎症状態となっており、更にその刺激でシミの元となるメラニン色素の生成が指示されています。

メラニン色素自体は、それ以上お肌の奥深くへ紫外線のダメージが届かないように防御するという目的で作られますので、決して悪いものではありません。

あまりに多くの紫外線を浴びたためにメラニン色素が作られすぎてしまったり、肌トラブルによってターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素が蓄積されてしまい、いずれシミとなってしまいます。

ですので、まずは炎症状態のお肌をクールダウンしましょう。
あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいた化粧水や、ひんやり感のあるスプレータイプのミストなどの使用がお勧めです。

お肌のターンオーバーを促してメラニンを追い出そう

shutterstock_422284729

先ほども少しお話しましたが、お肌のターンオーバーが滞ると、作られたメラニン色素が肌表面までなかなか移動せず、シミの原因となってしまいます。

ですからシミを消すためにはお肌の代謝を上げてターンオーバーを円滑に行うことが出来る肌作りが重要になってきます。

そこで役に立つ化粧品が、血行を良くする炭酸コスメや余計な角質をオフしてくれる酵素配合の洗顔料、ピーリングなどです。

これらの化粧品を使用することで栄養を取り込みやすいお肌つくりを目指しましょう。

美白だけでは不十分!しっかりと保湿されたお肌つくりは美白の近道

shutterstock_385621369

シミを消すために美白化粧品を使用されている方は大勢いらっしゃると思います。

もちろん、美白有効成分の配合された化粧品の使用は、シミを消すためには効果的な方法のひとつです。

しかし、美白ケアを行う前に考えていただきたいのがご自身の肌状態です。

あなたのお肌はしっかりと潤ったプルプルお肌ですか?美白ケアをより効果的に行うためにはまず保湿ケアを念入りに行い、お肌を整えることがとても大切なのです。

しっかりと基礎が出来たお肌に、満を持してシミを消すための美白ケアを行う、というイメージです。

夏場にベタつきすぎる保湿ケアはちょっと苦手・・・という方には、ジェルタイプのひんやりとした化粧品での保湿ケアもお勧めです。

まとめ

シミ 消す 化粧品 写真2  sakura915 2016.8.4

いかがでしたか?
美白ケアもただすれば良いというものではありません。

せっかく購入した高い化粧品、最大限有効に使用してシミを消したいですよね。

皆さんも日焼けをしてしまった場合は、ご紹介したステップを参考に、シミの出来ない肌、そしてすぐに消せる肌作りを目指してみてください。

参考文献 美的2016年9月号 小学館(2016年7月23日発売)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です