まんこ(デリケートゾーン)の黒ずみ!あそこが黒い原因と改善対策

女性のアソコ(陰部)の黒ずみ。黒くなるワケと対処法教えます。

「自分の陰部が黒ずんでいて、少しグロテスクな感じがする。」

しょっちゅう人に見られる部分ではないとはいえ、同性にもなかなか相談しづらく、独り悩みを抱えている女性は多いです。

でも、この黒ずみ、対策も改善も出来ないものではありません。

ちゃんとケアしていれば、変色も防げ、改善も可能です。逆に放っておくと、進行させてしまう恐れがあります。

別にそれが体に悪いわけではありませんし、また、男は女性の陰部の色なんか気にしていないようですが、せっかくですから、これを機に陰部の黒ずみを解消し、自信マンマンの陰部を手に入れてみませんか?

黒ずみの原因はメラニン色素だった。

「皮膚が紫外線を受けると、メラニン色素が作られ、肌が黒くなる=日焼け」というメカニズムは良くご存じかと思いますが、お風呂に入るとき以外、あまり露出する機会もない女性の陰部が何故日焼けしてしまうのでしょう?

実は、黒ずみ、シミの原因メラニン色素が作られるのは紫外線だけによるものではないのです。

メラニン色素は皮膚の奥深くにあるメラノサイトという物質に紫外線が当たって作られるのですが、メラノサイトは紫外線だけでなく、摩擦や炎症といった「刺激」によっても、皮膚を守ろうとメラニン色素を作り出します。

また、妊娠などによる急なホルモンバランスの変動によっても、メラノサイトがメラニンを作る事もあります。

このように、陰部を含める体の皮膚が黒ずむのは、紫外線だけが原因でありません。

尚、メラニン色素は、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにするために作られるもので、紫外線によるDNAの破壊や皮膚癌の発生を未然に防いでくれている物質です。

つまり、お肌のトラブルを防ぐためにはなくてはならないものだということは理解しておきましょう。

メラニン色素を作る原因

では、紫外線の当たらない陰部で、メラニン色素が作られる原因は紫外線意外に何があるのか見ていきたいと思います。

原因1:陰部への刺激

女性の体のなかでも、女性の陰部は特にデリケート。

ほとんど隠されている部位ではあるものの、トイレやお風呂では自分で触れることもあると思いますし、下着やナプキンを四六時中あてがっている必要があったり、また、自転車やデスクワークで、気づかないうちに負荷をかけていたりすると思います。

そういった時に伴う陰部への刺激が、メラニン色素を生み出し、陰部は黒ずみはじめます。

では、具体的にどのような事が陰部へ刺激を与えているのでしょう?

刺激その1:陰部を擦る

女性の陰部は、日にさらすようなものではもちろんなく、いつも下着か何かで、覆い隠しておくものです。

しかし実は、こういった下着や時にナプキンなどが陰部に密着し擦れたりすることが、陰部を黒くする一番の原因なのです。

では、女性の陰部は日常的にどんなものと擦れているのでしょうか?

  • 下着
  • ナプキン
  • 入浴時の洗浄
  • トイレットペーパー
  • 陰毛
  • 自転車のサドル
  • 太腿(股擦れ)
  • 陰部のお肉同士

といったものが、常に陰部と触れ合い、摩擦を起こして刺激をあたえています。

しかし、下着やナプキン、そしてお風呂やトイレで陰部に間接的にでも触れ、刺激を与えてしまうのはしかたがないことのように思えますし、そんなことで黒ずまなくても…と思います。

でも、たとえ陰部を保護するために生えている陰毛であったとしても、長い年月をかけ、毎日下着や自転車のサドルによって陰部に押し付けられ、擦れていれば、陰部を変色させてしまうのです。

また、人によっては、陰部を形成するヒダ(小陰唇)が大きい人もいるかと思はいますが、そういった人のヒダは下着と擦れやすく、黒ずみやすいと言えます。

また、太った人や、年をとると必然的に股の肉も弛み、弛んだ肉がいわゆる股擦れを起こし、陰部のヒダ同士も擦り合わせてしまいます。

そして、セックスのし過ぎで黒ずんでしまうという可能性も疑えません。

ペニスの挿入はもちろん、前為段階でも、愛撫とはいえ、アソコに刺激を与えて気持ち良くなろうとする行為ですから、あまりにハードな愛し合いをしょっちゅうしていると、女性のも、男性のも黒ずんでくるのではないかと思います。

摩擦によってなる黒ずみで、少し怖いのは、メラニンが皮膚の一番奥にある真皮層に入り込んでしまうと、摩擦黒皮症というものになってしまうことです。

こうなると黒ずみを取ることが非常に難しくなってしまいます。できるだけ、きつい下着は履かないようにすることをおすすめします。

刺激その2:陰部を締め付ける

次に気を付けたいのが、弱い力であっても長時間陰部を締め付けたり、押さえ付けてしまったりすることです。

日常生活の中でこんな事に心当たりはないでしょうか?

  • 職務上デスクワークが多い。
  • 自転車通勤、通学
  • 補正下着やきつめの下着による必要以上の股関の圧迫

椅子に長時間座っていると、気づかないうちに陰部は圧力を受けています。

上半身の体重がすべて陰部にかかるということはありませんが、座ることによって、お尻や太ももに体重がかかり、お肉が潰れて、文字通りしわ寄せによって、陰部を圧迫します。

女性はズボンをはいていても、股を開いて座る訳にはいきませんから、デスクワークが多いと、どうしても、陰部が刺激を受けてしまいます。

また、自転車によく乗る人も多いと思いますが、自転車のサドルはちょうど陰部を押し付けるような形をしており、漕ぐことによって、摩擦も圧迫も陰部にかかってしまいます。

そして、補正下着やセクシー下着など、どちらも体型をキレイに見せる為のものですが、膨れたお肉を締め付けるものであったり、Vラインのきついものであると、陰部に当たる面積が細くなり、圧は大きくなります。

こういったことでも、陰部の皮膚にあるメラノサイトは攻撃を受けていると思い、メラニン色素を作りだして体(陰部)を守ろうとするのです。

刺激その3:陰部が炎症をおこす

やはり、お肌全般に起こりやすい問題は陰部にも起こります。

アトピー等の肌の炎症もしかり、女性の陰部も汗や垢が溜まりやすい場所であり、一方で乾燥もしやすい場所ですので、小さな傷や陰毛の毛穴などから菌が入り込んで炎症してしまうこともあります。

陰部に限らず、以下のような皮膚のトラブルが多い人は要注意です。

  • アトピー、乾燥、あせも
  • ムダ毛処理にカミソリ、毛抜き等を使った後の炎症
  • 埋没毛になり、さらに毛囊炎になる
  • 病気による炎症

 アトピー肌の方は心当たりがあると思いますが、首や関節といった常に炎症を繰り返している部分の皮膚が、どうしても黒く変色してしまいます。

陰部も同様に、アトピーや乾燥、また、あせもや病気で陰部の皮膚が荒れると、肌を守ろうとしてメラニン色素が濃くなります。

また、一般的には女性が下半身をお手入れする時などに毛抜きを使用する為、抜けた毛穴が赤く腫れ、炎症を起こすことが多いのではないでしょうか。

このまま放っておくと、黒ずみの原因になりますので、赤いポチポチが出てきたら、そこを冷やすなどしてケアをしておくことをおすすめします。

また、肌の炎症を抑えるため、ステロイドが含まれる薬を塗ると、そこの黒ずみが酷くなるという説がありますが、関係性は確かではありません。

原因2:ホルモンバランスの変動

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)とがあり、前者の黄体ホルモンにメラニン色素を増やす働きがあります。

黄体ホルモンは、排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンで、排卵の際、成熟した卵子はそれまで入っていた卵胞という袋から飛び出すのですが、卵巣に残った卵胞は、黄色い色素を含む細胞に変化して、黄体ホルモンを分泌します。

受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし、体温を上げる働きがあり、排卵後の2週間ほど後にはじまる月経までの間は、黄体ホルモンが多く分泌されています。

このように女性の体内で定期的にホルモンバランスの変動があることによって、陰部の黒ずむ場合もあれば、ストレスなどでバランスが崩れたりして、黄体ホルモンが多く出てしまうと、黒ずみの原因になります。

よく出産の過程で女性は乳首が黒ずみますが、これも女性ホルモンによるもので、この時に、乳首だけでなく陰部も黒ずむことがあるのは、こういった理由からです。

また、これは、余談になりますが、女性の乳首は年齢とともに、色素が抜け、黒ずみが軽くなっていくようです。

特に閉経後から顕著に見られるようで、ということは、やはりこれもホルモンバランスが変化するからでしょうか。

原因3:ターンオーバーの遅れ

“肌のターンオーバー”とは、いわゆる新陳代謝のことで、古い皮膚の角質細胞が取れ、新しいものと入れ替わることです。

このターンオーバーによって、古い皮膚と共にメラニン色素が取れていき、新しい、きれいな皮膚になるという仕組みです。

一般的に約1ケ月ほどの周期でターンオーバーが起こっているようですが、どうしても年齢と共に、このターンオーバーの周期が遅くなってしまいます。

赤ちゃんはもちろんの事、高校生ぐらいまでの若者に、こんがり日焼けはしている人は良く見かけますが、シミなどをつくってしまっている人は見かけたことがありません。

これは、若い時期というのはターンオーバーも活発に行われており、古いメラニンはどんどん落ちていき、新しい白い皮膚が次々に作られていくからです。

なんともうらやましい限りですが、逆にターンオーバーの周期が早すぎてもニキビや肌荒れの原因になってしまうようです。

どんどん新しい皮膚が作られていくということは、ずっと生まれたばかりの繊細な皮膚の状態でいるということなので、得てして若者の肌は敏感肌です。

さて、なぜターンオーバーの周期が遅くなると、肌に黒ずみができるのかという話に戻りますが、ターンオーバーが遅くなると、皮膚の入れ替わりが遅れ、古い皮膚にあるメラニンが肌に残ったままになります。

またそこへ新しくメラニン色素が作られていくと、肌はどんどんメラニンを溜め込んで行ってしまうという事になります。そこで、色素沈着が起こり、黒ずみが濃くなってくるのです。

原因4:陰部の乾燥

陰部が乾燥することでも、黒ずみの原因になります。

陰部のイメージとしては、汗やその他の体液などでいつもしっとりしているように思いがちですが、実は陰部も乾燥しやすい場所の一つです。

特に冬場など、保湿成分が無ければ、唇でさえ乾燥してしまいます。

肌を保湿するには、セラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が必要なのですが、これらが体内から減少し、不足してくると、皮膚が乾燥し、委縮して、炎症をおこしてしまいます。

そして、さらにひどくなると、激しいかゆみを伴う外陰炎という皮膚のトラブルにまで発展してしまいます。

お肌の乾燥は仕方がないとしても、黒ずみの直接的な原因となる炎症は避けたいところです。

冬場は特に保湿クリームなどを塗って乾燥予防しましょう。おすすめの保湿剤については後ほどご紹介します。

陰部の黒ずみ改善・予防

陰部が黒くなるワケがわかったところで、改善策、予防法を紹介していきたいと思います。

ただ、最初に言っておかなければならないのは、皆さんもうおわかりかと思いますが、「陰部の黒ずみを改善させるのは、かなり根気のいる仕事」です。

メラニン色素は時間をかけて色素沈着をして、何層にも重なってきたわけですから、それを取り除こうとするにも、また時間のかかることなのです。

ですので、もう一つ言っておきたいことは、普段から黒ずみを作らないような努力もしておかなければなりません。

黒ずみ改善・予防その①「保湿」

黒ずみの原因の項で述べたように、陰部の乾燥が炎症を起こし、黒ずみを悪化させる原因となるので、まずは陰部を保湿することを心がけましょう。

「そういえば、お風呂上がりに顔や手には保湿液をつけたり美白クリームを塗ったりするのに、体の中で一番デリケートなアソコはいつもタオルでポンポンと水気を拭き取るだけだった。」とハッとされている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、アソコ専用の保湿液なんてものは存在しません。では、保湿ができて、肌に優しく、美白成分も入っていて、体の中で一番デリケートな場所に塗っても大丈夫なものとはどんなものがあるのでしょう?

以下に、陰部にも使える保湿&美白クリームを選ぶ時のポイントをご紹介しますので参考にしてください。

ポイント1:保湿成分が配合されていること

保湿してアソコを乾燥から守れと言っているのに、保湿成分が入っていないものを選ぶ訳にはいきません。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの肌に必要な保湿成分が配合されているものを選びましょう。また、できれば黒ずみの元になる炎症を抑える成分のグリチルリチン酸2K(ジカリウム)も配合されているものが望ましいです。少し難しい名前で、ここまでいくと薬用品になるかと思われそうですが、ジカリウムは、抗炎症作用として様々な化粧品に有効性分として配合されているものです。

ポイント2:美白成分が配合されていること。

保湿だけでは、黒ずみの予防になっても、改善はあまり望めません。黒ずんだ陰部をピンク色に戻すには、美白成分が配合されている美白クリームを選びましょう。

美白成分の代表的なものとしては、トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体や、植物性由来の美白成分などがあり、それらはつまり、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制したり、もしくは抑制してくれる分泌物を活性化させてくれます。また、代謝を上げ、肌のターンオーバーを活性化させる成分もあります。

ポイント3:無添加であること

陰部に使うものとしては、当たり前の話しになりますが、肌に優しい無添加処理のクリームを選びましょう。試しに赤ちゃん用の保湿液などの成分表示と見比べて見ると、自分に使おうとして手に取った保湿液にどれだけ刺激物が入っているかわかるでしょう。

ポイント4:できるだけコストを抑える

前述のとおり、黒ずみ改善には時間がかかります。

まして予防ともなると半永久的に続けていかなければなりません。

かといって、陰部は他人にお披露目するような部位でもなく、尚且つ、陰部の黒ずみは病気ではないので、お顔ほどお金をかけてスキンケアするのもちょっとばからしいかと思います。

ここまで、陰部の黒ずみに対してあーだこーだと注意してきましたが、美白クリーム選びは、あまり深刻に考えず、気楽に続けられるケアの為に、上記のポイントをおさえつつも、コストパフォーマンスが良いものを選びましょう。

そこで、コスト的にも成分的にも合格点な美白クリームをズバリご紹介します!

イビサクリーム

お肌のシミに効果を発揮するトラネキサム酸他、5つの天然の美白成分を配合。

また、保湿成分は8種類。内容量は大容量の35g。

毎朝、毎晩たっぷり使ったとしても1ヵ月分はあります。

保湿・美白クリームは、美白成分を肌の奥の黒ずみの根源まで浸透させるために、贅沢にたっぷり肌へ塗り込む事が大事ですので、この内容は陰部に使用するものとしては完璧ではないでしょうか。

>イビサクリーム公式サイト<

→イビサクリームの口コミや効果について

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンとは、黒ずみの原因であるメラニン色素の発生を抑えるだけでなく、メラニン色素を生み出すメラノサイトそのものを減らしてしまう成分で、お肌の漂白剤と呼ばれています。

世界でも昔から美白に利用されてきた成分で、もともと写真の現像に使われる還元剤に用いられ、写真を現像していた人の手が白くなったことから、ハイドロキノンには肌を白くする効果もあることが判明したようです。

現在では美容外科やクリニックで行う黒ずみ治療でこのハイドロキノン配合のクリームなどがよく使われ、ドラッグストアや通販でも手軽に手に入れられます。

しかし、高い効果が望める薬品だけに、副作用等も発症するリスクがあり、使用に当たって注意しなければならない事があります。

配合濃度は4%まで

ハイドロキノンは刺激性の成分なので、デリケートゾーンに使うものとしての配合量の理想値は2%です。

しかし、肌の弱い人だと、1~3%の濃度でも肌にピリピリとした刺激を受けます。

配合量が低くても、必ずパッチテストを事前に行っておきましょう。

そして、粘膜部分を避けて使用しましょう。皮膚の中でも粘膜を張っている部分というのは、それだけ刺激に弱い部分であるのです。

尚、配合濃度が5%以上にもなると、「がん化」する恐れがあります。

使用後は極力紫外線を浴びないように

上述のとおり、ハイドロキノンはメラニン色素だけでなく、メノラサイト自体を減少させるものです。

しかし、メラニン色素は肌を紫外線から守るために作られるものですから、それが無くなるとなると、お肌は完全に無防備な状態となってしまいます。

陰部は問題ないと思いますが、陰部以外の通常四六時中露出させている顔や腕などに使用した場合は気をつけましょう。

黒ずみ改善・予防その②「布ナプキンの使用」

素材が綿と麻といったお肌に優しい素材で作られている布ナプキンは、刺激も少なく、通気性もいいので汗ムレなどから起こるかぶれなどを防ぎます。

生理中に使用する布ナプキンだけでなく、普段のおりものシートにも布ナプキンがあり、コストも長い目で見るとかなり安く済みます。

黒ずみ改善・予防その③「きつい下着を履かない」

保湿クリームなどで、予防ケアしているからといって、履きたいパンティーを履いていいというわけではありません。

確かに、女性のオシャレは誰に見せるわけでもない下着からスタートするのはわかりますが、カッコつけて窮屈な下着をつければ、陰部に圧力や摩擦をかけてしまいます。

できるだけ、少しでいいので、ゆったり履けるものを選び、陰部に負担をかけないようにしましょう。

おススメなのは綿や麻といった肌に優しい素材でできたボクサータイプのパンツです。

これなら、股関節に負担をかけませんし、陰部に対して摩擦も少ないです。

また、補正下着もVラインに食い込んで圧迫し、黒ずみを悪化させてしまう可能性があります。

特に、座りっぱなしの方にはあまりおすすめできません。

黒ずみ改善・予防その④「陰部を洗う時は手で」

摩擦が黒ずみと色素沈着の原因になるからとはいえ、陰部を洗うためには、何かしら陰部に触れて擦らなければ、汚れも落ちない事でしょう。

複雑な形をしている陰部なので特にです。

そこで、簡単にですが、陰部の(正しい)洗い方をご説明します。

  1. デリケートゾーン専用石鹸、もしくはボディーソープを購入する。
  2. (1)をしっかり泡立て、手のひらで陰部全体をマッサージするように洗う。
  3. 最後にアソコのビラビラ(小陰唇)の溝等、細かい部分を指の腹でやさしく撫で洗う。

黒ずみ改善・予防その⑤「生活習慣を見直す」

お分かりかと思いますが、生活が乱れてしまうと、肌も荒れ、ホルモンバランスも崩れていきます。

  • 夜更かし
  • 間食
  • 偏食
  • 夜食
  • 運動不足

などはお肌の天敵だと、いろんな健康番組や美容雑誌で言われています。

だいたい、生活習慣が整えられない人が、毎日きちんと陰部ケアができるわけがありません。

まずは、普段の食生活から見直していきましょう。

ビタミンCやEなどを積極的に摂取することは、お肌のターンオーバーの活性化には非常に有効です。

また、肌の代謝を上げる為には、毎日の睡眠、入浴、運動の質を上げることが大切です。

1日の内に、十分に寝て、シャワーだけのあわただしい入浴を避け、毎日でなくても定期的に運動をする時間を取るためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

そして、筋トレやストレッチなどで下半身のお肉のたるみを予防しておくと、お肉同士の摩擦で陰部がこすれ合うことも無くなるでしょう。

黒ずみ改善・予防その⑥「色素沈着部分を直接除去」

美容外科やクリニックで小陰唇縮小術という、アソコのビラビラの黒ずみ部分を一気に切り取ってしまう手術があります。

その他、ピーリング剤を使って黒ずみを取り除いたり、レーザーでメラニンを減らしていく事ができます(レーザートーニング)。

これらは、直接的で手っ取り早い改善方法で、最終手段とも言えますが、施術するにも、せずとも、お肌の専門医と相談しながら黒ずみ改善できる利点はあります。

まんこ黒ずみケアまとめ

まんこの黒ずみの改善には、かなりの手間と時間がかかるものだということが、おわかりいただけたかと思います。

黒ずみを改善したいと考えている人は、お金もかかることですので、このことを良く踏まえた上で、気長に、気楽に努力してみましょう。

若くて、今は黒ずみも気にならない人たちは、黒ずんでから改善にかかる時間と手間を、そもそも黒ずみにならないように予防するために使うことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です