ビーグレンCセラムの効果的な使い方は?使用方法を間違えると逆効果?

美容製品には欠かせない存在である「ビタミンC」は、どの商品を手に取っても配合されています。その理由には、メラニンの生成を抑制する、沈着したメラニンを美白にする、活性酸素を除去するなどたくさん挙げられますが、そのビタミンCにも「質」の違いがあるのをご存知ですか?個別の肌悩みを解消するべく、数多くのスキンケア商品を開発している「ビーグレン」の、製品第1号として誕生した「Cセラム」の正しい使い方をご紹介します!せっかくの極上ビタミンCも、間違った使い方では効果が得られません。してはいけないNG法や効果を引き出すコツまで詳しく載せているので、参考にしてください。

基本的な使い方

ビーグレン公式サイトに載せられている使い方です。

直径2センチ

直径2センチ程度のCセラムを手のひらにとります。

なじませる

両手に軽く広げ、顔全体を包むようにやさしくなじませます。

細かい部分

口元や鼻まわりなどの細かい部分は、中指と薬指で押さえるようになじませます。

最後に

最後に手で顔全体を包み、肌になじませるように、やさしく押さえます。

NGな間違った使い方

Cセラムの効果を台無しにしてしまう、間違った使用法です。

日焼け止めを使用しない

ビタミンCが働きかけている最中にメラニンが生成されては、永遠に美肌が叶いません。日中にCセラムを使用する際は、必ず日焼け止めを併用しましょう。また、汗のかきやすい季節や外に出る時間が長い場合には、数時間ごとに日焼け止めの塗り直しも行いましょうね。

乳液やクリームの後に使う

美容液は化粧水で肌を整えた後に使います。オールインワンジェルやゲルを使用している方もいるかもしれませんが、油分を多く含むものだと美溶液の浸透を妨げてしまう可能性があります。油分の少ないジェルか化粧水で肌を整えてから使用しましょう。

素肌にいきなり浸透させる

美容液は、化粧水でお肌を整えた後に与える「ご褒美」です。土台が整って初めて効果を発揮するので、化粧水をしっかりと浸透させた後に使用しましょう。

期限切れのものを使用する

肌に余分な成分を取り除いているので、使用期限が過ぎると効果が薄れます。商品に記載されている使用期限の1〜2ヶ月延長した期日までには使い切りましょう。

複数の美容液を使用する

シミやシワなど複数の肌悩みを持っているため、異なる美容液を重ねる方も多いですね。しかし、肌が吸収できる容量には限りがあるので、複数の美容液を使用する際には同じ成分が重複しないように選ぶか、部分で使い分けましょう。

時々使用する

使い続けることで、ビタミンCが効率よく働き続ける環境を作ります。時々使うのでは全く効果がないと言っても過言ではありません。

使用するタイミングは?

効果を引き出す使用タイミングを調べました。

美容効果を継続させるためにも、朝の化粧前のお手入れ時に使用しましょう。この時に注意したいのが、「日焼け止め」をつけること!数時間ごとに塗りなおすことも忘れずに。

就寝時はお肌にもっとも重要な時間です!美肌を保つためにも、就寝時には必ずCセラムを使用しましょう。

効果を上げる使用方法は?

効果を最大限に得る秘密の使用法をご紹介します。

お風呂か蒸しタオルで毛穴を開く!

美容液が効率よく働くためには、「毛穴が開いている」ことがとても重要です。お風呂に入るか蒸しタオルを使用して、顔全体の毛穴を開き血行を促進させましょう。

クレンジングで毛穴の汚れを取り除く

蒸しタオルや入浴で毛穴をしっかり開いた後は、毛穴の奥に詰まった汚れや化粧成分を落としましょう。クレンジングが正しくできていないと、せっかくのCセラムが浸透できません。マスカラや口紅などの濃いメイクは事前に落とし、残りの広範囲はジェルタイプやクリームタイプのクレンジングを使用しましょう。

洗顔で汚れを落とす

クレンジングと洗顔が一緒になっている商品も多いですが、汚れがきちんと取り除けていなければ、Cセラムの効果は得られません。かといって洗いすぎは乾燥を招くので、ご自分の肌状態に合わせて最適なクレンジング、洗顔を選びましょう。

化粧水で肌を整える

美容液をつける前に、化粧水で肌に水分を与えましょう。美容液が働くために水分は欠かせません!保湿力の高いものを選び、コットンで念入りになじませましょう。

Cセラムをなじませる

手に約2センチのCセラムを取り、両手になじませてから顔全体に広げましょう。小鼻や口元は指で丁寧に、最後は両手で優しく包むようになじませます。

クリームか乳液でフタをする

美容液の成分が蒸発してしまわないよう、クリームや乳液でフタをしましょう。

お出かけする際には日焼け止めを

日中にお出かけする際には、乳液やクリームを塗った後、日焼け止めや日焼け止め成分の配合されている化粧品を使用しましょう。

使用上の注意

使用前に知っておきたい注意点をまとめました。

肌が乾燥している場合

肌が乾燥している部分には、少量の使用をおすすめしています。また、肌が荒れている場合や異常がある場合は使用を避けましょう。

敏感肌の方

敏感肌の場合、少量から使用してみましょう。問題がなければ肌の様子を見ながら使用を続けてください。異常が現れた場合は、使用を避けましょう。

効果をアップさせるコツ

極上美容液「Cセラム」の効果を上げるコツをご紹介します。

蒸しタオルを使用する

どんなに高価な美容液を使用しても、浸透するべき部分に届かなければ効果は得られません。また、顔の血行が悪いと効果も減ってしまいます。肌トラブルを改善、または美肌を持続したければ、「毛穴を開いて血行促進!」することが大切です。毛穴が開いていても汚れが詰まっていると肌トラブルを悪化させる可能性があるので、クレンジングや洗顔は念入りに行いましょう。

化粧水をしっかり染み込ませる!

化粧水を手でなじませる方も多いと思いますが、コットンの使用をおすすめします。ゆっくりとやさしくなじませ、気になる部分にはそのままパックしてしまいましょう。肌が冷たくなったと感じると、潤いが満ちている証拠です。

ビーグレンの製品をライン使いする

肌悩みに合わせてたくさんの商品が販売されているので、まずはトライアルキットを使用して、効果を実感してみましょう。自分に合った商品や、気にいるものが見つかるはず!

内側からもケアをしよう

美容や健康は内側からのケアなくして得られません。栄養バランスの整った食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。

美容サプリメントを併用

美肌に必要な栄養素を毎日食事から摂取するのは簡単ではありません。そんな場合には、発売されている美容サプリメントやスムージーなどの商品を併用してみましょう!

まとめ

女性はホルモンバランスが変わりやすく、美しい肌を保つのは簡単ではありません。これまでは問題なく使えていた商品も、急に効果が感じられなくなった経験を持つ方も多いのではないしょうか。買い替える際にも自分に合った商品が選べるとは限らないので、スキンケアって難しいですよね。ビーグレンは肌にいらないものを取り除き、肌トラブルに合わせた商品を販売しているので、信頼性があって異なる商品を試しやすいです。ビーグレンの高質ビタミンC美容液「Cセラム」を正しく使用して、誰もが羨む美肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)