ビーグレンCセラムの効果を成分から考察してみた結果【効果どう?】

「シミ・シワを消したい」

「毛穴の黒ずみをなんとかしたい」

「美白を叶えたい」

など、女性のお肌に対する悩みは尽きることがありません。

ところが女性ホルモンの影響で肌の状態は変わりやすく、時にはせっかく高価な商品を使っているのに症状が改善されないこともあります。

「どの年代にも、どんな肌悩みにも効く商品が欲しい!」という贅沢な女性たちに最適な美容液「ビーグレンCセラム」をご紹介します。

肌に不必要な成分をとことん省き、独自の製法で安定化させたビタミンCをたっぷりと美容液に配合しました。ビーグレンCセラムを成分から詳しく解説し、本当に効果があるのかを調査します

ビーグレンCセラムの成分

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13、14)イソパラフィン、ラウレス-7

PG

PG(プロピレングリコール)は酸化プロピレンから化学合成された保湿成分です。グリセリンよりも粘性が低く、さらりとしたテクスチャーで、水やアルコールに非常に溶けやすい性質を持ちます。

多くの化粧品や美容液に使用されてきましたが、刺激が強いことから最近は使用頻度が減っています。PGの使用には保湿以外にも、製品の使用感の向上、保存性を上げる、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤の配合濃度を減らせるといったメリットがあります。

刺激性が強いので、乾燥肌や敏感肌の方、肌荒れがある際の使用は控えた方が良いでしょう。化粧品や医薬部外品の成分なので、基本的には安全性の高い成分です。

アスコルビン酸

ビタミンCは、科学の分野では「アスコルビン酸」と呼ばれます。効果が高く美容にも健康にも欠かせない存在ですが、浸透性に欠けている欠点があります。そこで浸透しやすく改良されたものが「ビタミンC誘導体」です。

メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ、ハリや弾力を担うコラーゲンと深い関係を持つ、皮脂の分泌・酸化を阻止する、ニキビなどによる赤みに働きかける、年齢に関わらずエイジングケアをサポートするなどの役割があります。

レシチン

動物や植物から取り出され、人体の中にも存在する成分です。レシチンそのものは安定性が低いことから、水素を添加して熱や酸化に対する安定性を高めた「水添レシチン」が使用されます。

高い浸透力と保湿力があり、セラミドと同様のラメラ構造を形成する性質を持っています。親油性と親水性の両方の性質を持ち、弱いものの乳化剤としての役割も持ちます。毒性や刺激性はほとんどなく、無添加化粧品や自然派化粧品の配合成分としてよく登場します。

ポリアクリルアミド

水溶性合成樹脂の一種であり、ゲル化させたものが豊胸手術などの形成外科、美容外科で使用されています。ソフトコンタクトレンズにも使用され、生体になじみやすい成分です。

(C13、14)イソパラフィン

皮膚表面を覆って、皮膚からの水分蒸発を防ぐ目的で使用されます。

ラウレス-7

浸透力が高く、鎮痛作用があり、強力な乳化作用を有します。さらに酸、アルカリ、加水分解に対し、影響を受けにくい安定な界面活性剤です。

ビーグレンCセラムが選ばれる理由

クチコミを見ても

「手放せないアイテム!」

「肌悩みが改善されたのを実感できる」

など、Cセラムの効果はかなり高いようです。Cセラムがリピートされる秘訣を探りました。

ビタミンCの配合量が多い!

どの化粧品にもビタミンCは配合されていますが、ビーグレンCセラムは、その「質」が違います。また、多くの化粧品は「ビタミンC配合」を宣伝していますが、成分表を見れば最後の方に付け加えるように書かれているだけで、配合量はごくわずかです。

しかしビーグレンCセラムの成分表を見れば、ビタミンCであるアスコルビン酸は2番目に書かれており、配合量も多いことがわかります。だからこそ高い効き目があるのでしょう。

不必要なものを省いている!

多くの化粧品は配合成分をこれでもか!とばかりに宣伝し、効果が高いように見せかけますが、実際に成分表を見れば不必要な成分がたくさん配合されています。効果がある成分はごく少量しか配合されておらず、肌悩みを改善するには相当な時間がかかります。

ビーグレンCセラムは、不必要な成分を極力減らし、効果的な成分を可能な限り配合しました。だからこそ、書いてある通りの効果が得られるのかもしれません。

ライン使いで美肌に!

効果が高いと人気の美容液だけを使用していても、美白やふっくら肌などの「なりたい肌」にはなれません。洗顔や化粧水などを正しく行ってこそ、美容液の効果が発揮されるからです。

ビーグレンはお肌のことを考えてスキンケアを開発、販売しています。そのため、同社のクレンジングや洗顔、化粧水やクリームなどを併用すると、より効率的に美肌を叶えることができるでしょう。

とにかく効く!

効果が実感できなければ、誰もリピートはしません。多くの人が使用をし続けている事実が、ビーグレンCセラムの効果を実証しています。「にきび跡が消えた」「吹き出物やその跡のケアに効果があった」「毛穴が目立たなくなった」など、女性ならば誰しもが経験する問題に対処してくれるようです。

ビーグレンCセラムの効果的な使い方と注意点

高い効果が得られることはわかりましたが、ビーグレンCセラムを効果的に使用するには注意点があるようです。

効果を引き出す使い方と気をつけたい注意点をまとめました。

必ず「保湿」をしてから使用する

ビーグレンCセラムに配合されているビタミンCは、独自の製法で成分を安定化して、吸収されやすく改良していますが、しみ込む環境が整っていなければ効果も半減してしまいます。そのため、化粧水をしっかりと肌に浸透させてから使用しましょう。

敏感肌・乾燥肌の方は注意

ビタミンCの配合量が多いほど、肌につけると刺激を感じる可能性があります。特に敏感肌の方や乾燥肌の方は、少量から使用するようにしましょう。刺激が強すぎる際や肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

日中は必ず日焼け止めを使用しよう

ビタミンCは酸化しやすい性質を持ちます。そのため、Cセラムを使用した肌に日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びると、活性酸素の働きでニキビやシミ・シワなどの肌トラブルを促進させます。夜だけでなく朝も使用している方は、必ず日焼け止めを使用しましょう。汗をかきやすい夏場や長時間外出する際には、日焼け止めの塗り直しも忘れずに!

まとめ

とにかく口コミとその評価が高い「ビーグレンCセラム」ですが、驚くほど成分が少なく、それだけ質の良い成分と量にこだわっていることが伺えましたね。女性は生理や出産などを経験するので、ホルモンバランスが変わりやすく、肌の調子も変わりやすいです。しかし、スキンケア商品を変えるのはそう簡単ではありません。

高いものを購入して、「肌に合わなかった!」なんてこともありますからね。そんな女性の悩みに答えてくれるのが「ビーグレン」でしょう。肌の悩みに合わせてスキンケアをラインナップで提供しているので、Cセラムと共に必要なものを揃えて、なりたい肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)