レチノール化粧品おすすめランキング2018【効果と副作用は?】

「レチノール化粧品って最近聞くけど、凄いの?」

こんな疑問をあなたはお持ちではないでしょうか?

この記事では、最近話題のレチノール化粧品を特徴や口コミを元におすすめレチノール化粧品ランキングを掲載しています。

またそもそもレチノールってなに?レチノールの効果は?レチノールの副作用は?他の化粧品との違いは何?

といったことまで踏み込んでレチノール化粧品についてご紹介していきたいと思います。

レチノールってなに?

 

レチノール化粧品の説明に入る前にレチノールの自体についてふれておきます。

そもそもレチノールとは何なのでしょうか?

レチノールとは「ビタミンA」のことです。エイジングケア化粧品としては、

  • パルミチン酸レチノール
  • 酢酸レチノール

などの「ビタミンA誘導体」がよく知られています。

レチノールには、高いエイジングケア効果が期待できます。しかしその一方で、副作用もあるのでレチノールについての正しい理解は必要です。

美容やアンチエイジングに関心のある女性の多くは化粧品を選ぶ際に話題の成分には特に注目をします。

そんな中、比較的よく名前が知られている成分がレチノール化粧品なのです。

レチノールクリーム自体も百貨店や専門店の化粧品コーナーで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

この記事ではレチノールの効果や副作用について詳しくまとめ、さらに口コミで人気のおすすめレチノール化粧品をご紹介していきます。

レチノールとビタミンAって?

レチノールとビタミンAの関係って?

レチノールの説明に入る前に、ビタミンAとレチノールの関係についてふれていきましょう。

ビタミンAとは、レチノール・レチナール・レチノイン酸およびこれらの3-デヒドロ体やその誘導体の総称のことです。

ビタミンAの効果って?

ビタミンAは、油溶性ビタミンで動物だけにあるものです。

レチノール化粧品ランキング2018

第1位 エリクシール リンクルクリーム

ビーグレン男性
エリクシールリンクルクリームの特徴

エリクシールシュペリエルエンリッチドリンクルクリームS(通称リンクルクリーム)は、3アイテムの中で、ただひとつ抗シワ成果が認められている有効成分「純粋レチノール」を配合したエイジングケア化粧品です。

純粋レチノールのほかにもハリを与えるコラーゲンやビタミンEが配合されたエイジングケア化粧品なので、シワ・ハリのスキンケアに影響的ですよ。

その上、リンクルクリームのチューブは化粧品成分の安定性をキープするため、一度出したら戻らない特殊な組成になっています。

化粧品成分だけでなく、成分の安定性をキープするために容れ物の細部にまで譲歩しないてつくられている美容液クリームです。

第2位 ビーグレン レチノA

ビーグレン レチノAの特徴

3アイテムの中で、レチノールとレチノール誘導体という2種類のレチノールを配合しているのがビーグレンQuSomeレチノAです。

レチノール成分(ビタミンA誘導体)の安定性と定着力に優れているため、シワ・ほうれい線・毛穴のたるみなど肌の根深い歯痒さケアにもベストチョイス可能なアイテムです。

ビーグレンのレチノAには、レチノール成分以外にもトリフルオロアセチルトリペプチド−2やスクワラン、シアバターなど乾かすから皮膚をまもる化粧品成分が配合されています。

即効性とパワーを供え持ったたビーグレンQuSomeレチノAは美容液という分類ながら、クリームのようなコクのあるテクスチャーです。

 

レチノールの効果と副作用まとめ

いかがでしょうか?

この記事を読むことで、レチノールがどんな成分なのか?

レチノールの効果や副作用について詳しくふれてきました。

レチノールはエイジングケアの強い味方である一方で刺激が強く副作用というリスクも持ち合わせています。

また、エイジングケア化粧品として使われているレチノールは医薬品であるレチノール酸ほど効果が期待できるというわけではありません。

レチノール化粧品の特徴を正しく理解した上で、過度な期待をすることなく予防的なエイジングケアを考える成分として使うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)