市販で買える人気ハイドロキノンクリームランキング2018【美白効果】

ハイドロキノンクリームランキング

30歳を過ぎてくると、シミやそばかすといった肌トラブルがどうしても気になってきます。

そんな濃くなったシミやそばかすにはハイドロキノンクリームを使った自宅でのケアがおすすめ!

  • シミ
  • そばかす
  • ニキビ跡の色素沈着

といったあらゆる肌トラブルは、ハイドロキノンクリームを塗るだけ簡単に綺麗な肌へと導いてくれます!

この記事では、ハイドロキノンの

  • 美白効果
  • 効果が表れるまでの期間
  • ハイドロキノンの副作用
  • 正しい使い方

そもそもハイドロキノンって?

ハイドロキノンクリームの説明に入る前に、そもそもハイドロキノンとは何なのでしょうか?

ハイドロキノンは厚生労働省も認可した、シミや色素沈着を除去できる美白成分のことです。

その効果・特徴から皮膚の漂白剤とも言われています。

日本ではあまり知られていないのですが、欧米ではごく一般の美白成分として長年に渡って化粧品に使用されています。

現在では、皮膚科や美容整形外科ではハイドロキノンを採用しており、多くのシミ治療に活用されています。

ハイドロキノンの美白効果って?

続いてハイドロキノンの美白効果について詳しく掘り下げていきます。

シミができなければそもそもハイドロキノンのお世話になることもないのですが、30代を過ぎてくるとどんなに美白ケアを頑張っていたとしてもどうしてもシミはできてしまいます…

そもそもシミができる原因と仕組みは?

そもそもシミはなぜできるのでしょうか?

シミができる原因は、黒色化したメラニンがなかなか排出されずに、表皮に蓄積されてしまうことが原因。

通常はメラニンが生成されても、肌のターンオーバーといっしょにメラニンも表皮に押し上げられて排出されます。

しかし、年齢を重ねていくうちに、ターンオーバーが停滞しやすくなり、シミができてしまうのです。

ハイドロキノンには今あるシミを薄くしてくれ、さらにこれからできるシミをブロックしてくれる効果があるといわれています。

ハイドロキノンの美白効果の秘密は次の3つの効果によるものです。

  • 酸化酵素チロシナーゼの働きを抑える
  • メラニン生成を根幹であるメラノサイトを現象させる
  • 還元作用

ハイドロキノンは美白効果が高い一方で副作用も…

ハイドロキノンは美白効果に抜群な一方で効果が強すぎるので、デメリットもあります。

もともと刺激が非常に強い成分ではあるので、副作用があります。

>>ハイドロキノンの副作用について詳しくはこちら

市販で買えるハイドロキノンクリームランキング

第1位 ビーグレン 「Qusomeホワイトクリーム1.9」

[colwrap] [col2]

ビーグレン男性

[/col2] [col2][/col2] [/colwrap]
ビーグレンの特徴

浸透テクノロジーQuSome®とハイドロキノンを融合させ、即効性と低刺激性を実現されています。したがって、お肌が弱いと心配な方でも安心して使えるのがビーグレン。

使用感はサラッと軽く、化粧水・美容液後のクリームとしての役割も果たしてくれるので、すごくお手軽。

お得なトライアルセットがあるので、慎重に商品を選ぶことができます。

 

ビーグレン公式サイトはこちら

第2位 アンプルール「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2][/col2] [/colwrap]
アンプルールの特徴

アンプルール「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」は、皮膚科医により開発された独自の「新安定型ハイドロキノン」を高濃度で配合した、スポットタイプのクリームです。

一般的なストローで吸い上げる容器ではなく、ポンプを押す度に容器の底が上がることで中身が押し出されるエアレスポンプ容器と呼ばれる構造を採用しているので、空気に触れにくく劣化しにくいのが特徴です。

アンプルール公式サイトはこちら

 

ハイドロキノン市販品まとめ

ハイドロキノン市販品は正しく使えば、シミの改善・予防にとても有効です。

しかし、ハイドロキノンはその効果の高さから、

  • 保管
  • 保存
  • 使用方法

など様々な注意点があるため、しっかり正しい知識を身に着けてから使い始めるようにしましょう。

ハイドロキノン化粧品を日々のスキンケアにぜひ取り入れて、シミのない生活を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)