病院でのシミ取り治療の中身って?【シミ取り化粧品より効果的なの?】

顔にシミが出来てしまったらあなたはどうしますか?

美白化粧品でのケアも有効ですが、どうしても限界がありますよね。

そこで次に考えられるのが病院でのシミ取り治療ですが、治療の内容など詳しい事がわからず、どうしても受けるまでのハードルが上がってしまいますよね。

そこで今日は病院でのシミ取り治療の種類についてご紹介したいと思います。

シミ取り治療は何科に行けばいい?料金の違いは?

いざ

「シミ取り治療に行こう!」

とした時、何科に行けばよいのでしょうか?

シミ取り治療は、皮膚科はもちろんのこと、美容外科や形成外科に行かれると受診できるようです。

保険が適用されるかどうかでシミ取り治療の料金は違ってきますが、何科で受診されても大きな違いはないようです。

また、設置されているシミ取り治療用の機械や、対応している治療方法は病院によって様々ですので、病院のホームページなどで、どの様なシミ取り治療を受けられるのかあらかじめ確認されることをお勧めします。

では具体的にどの様な治療法があるのか見ていきましょう。

病院でのシミ取り治療の種類って?

レーザー治療

シミ取り治療の最終手段というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

レーザー治療はメラニン色素に有効な波長の光を当てて、シミ取りをする治療方法です。レーザーにも種類があり、シミの種類や濃さによって使い分けられています。

ただし、全てのシミに有効というわけではありません。種類によっては逆効果となってしまうこともありますので、ご自身のシミにレーザーが有効な方法なのか、医師とじっくり話し合うことが大切です。

ピーリング

お肌の余分な角質を落としてあげることにより、肌の新陳代謝を活発にして、出来てしまったメラニン色素をどんどん排出するシミ取り方法です。

ニキビ痕などの炎症性色素沈着にはピーリングが効果的とされています。

イオン導入

ビタミンC入りの化粧水とイオン導入器を使って、お肌にビタミンCを効率的に浸透させる方法です。
お肌への負担がとても軽いので、敏感肌の方でも受けられるのが特徴です。

続けて治療を行えば美白効果があることも確認されています。

塗り薬・内服薬の処方

ハイドロキノンなどを配合した美白クリームや、ビタミンC、トラネキサム酸を配合した内服薬の処方が合わせて行われることがあります。

これらのお薬については、医師の管理の下、定められた用法・容量を守って正しく使用することが何よりも重要です。

まとめ

以上、主なシミ取り治療についてまとめました。

一言にシミといっても種類は様々で、適した治療法も異なっていますので、シミの種類を正確に見分けでもらえるかがとても大切になってきます。

病院を探される際には、シミ取り治療の経験が豊富な医師が在籍しているかどうか、その病院でのシミ取り治療の症例数を確認してみてください。

そして、まずは治療前に一度カウンセリングを受けて実際に医師と話をしてみることで、安心できる病院か見極めるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です